藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

昭和の名車「マツダサバンナRX7」について!

ニュース

昭和の名車「マツダサバンナRX7」について!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

ロータリーエンジンのサバンナRX7です!

マツダのサバンナRX-7は、1978年(昭和53年)
3月に初代(SA22C)が誕生しました。


4~5歳上の先輩が初代に乗っていましたが、
あまりその先輩が乗るには似合っていませんでした。


そんな、サバンナRX-7が生まれた70年代後半は
というと、オイルショックが起き、78年には
イラン革命を発端とする第二次オイルショックが
起き、第一次オイルショックのときと同様に原油
が値上がりし、日本国内では深夜のテレビ放送の
自粛や、日曜・祝日のガソリンスタンド休業など
が行われていました。


その時期は環境問題もあり、マスキー法という
アメリカの排ガス法を受け、日本でも73年から
排ガス規制(昭和48年規制)がはじまりました。


78年(昭和53年)の規制は、当時、ガソリン
エンジン車に対し世界でもっとも厳しく排ガス
浄化を求めるものとなった。


そうした規制の施行など、取り巻く環境によって
クルマが大馬力を求めるには逆風の時代となった
とき、クルマへの夢を支える一条の光として登場
したのが、サバンナRX-7だったのです。


世界で唯一、マツダが量産を実行したロータリー
エンジンの軽量小型の特徴を活かした初代コスモ
スポーツの意思を受け継ぐかたちで、サバンナ
RX-7は、スポーツカーとして十分に考え抜か
れた設計がなされていた。



ガソリンを自由に使うことがはばかられた
時代に、もはや国産スポーツカーの存在は
不可能と思われていただけに、RX-7の
衝撃的な登場は、世界の人々をも驚かせた。

初期型(SA22c)の空気抵抗係数(Cd値)は0.36と、
空気抵抗の少ない優れた数値で、低いボンネットは、
軽量小型のロータリーエンジン搭載を象徴する姿で
した。


点灯時のみヘッドランプがボンネット先端へ顔を
出すリトラクタブル方式は、このクルマが特別で
あるということを強調する特長となった。


排ガス規制を満たすため、あいついで馬力を落とす
国産車の中にあって、RX-7ローターエンジンは、
馬力はエンジン単体でのグロス値で130psだった。


しかもロータリーの特徴を遺憾なく発揮したこの
エンジンは、高回転まで軽やかに吹け上がる。



エンジンは軽量小型であるため、フロントに
エンジンを載せながら車体の中心近くに配置
することができ、フロント・ミッドシップと
呼ぶパッケージングにより、前後の重量配分は
2名乗車時で50.7対49.3と、理想的なバランス
となった。


当然ながら、スポーツカーにふさわしい、軽快
で、的確な操縦性を実現した。



マツダと言えば、マツダがル・マン24時間耐久
レースに参戦し市販車をベースとはしていない
プロトタイプレーシングカーでしたが、1991年
に総合優勝した日本車です。


2016年現在、歴代ル・マン参戦の日本車で唯一
の優勝車でもあります。


レシプロエンジンが主流の中で唯一のロータリー
エンジン優勝車でもあります。


その技術は今もマツダのクルマ造りに引き継がれ
ています。


今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう