今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

「スバル レオーネ4WD」始まりを考察してみた!

ニュース

「スバル レオーネ4WD」始まりを考察してみた!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

スバルの4WDの歴史は宮城スバルから始まった!

スバルといえば4WD,4WDといえばスバル、
そのスバルの4WDの歴史は地方の小さな
デイラーから始まった。


1970年の春、東北電力本店配電部から
雪道でも山道でも荷物も積めて人も快適に
乗れる4輪駆動の車は造れないかと提案を
受けた、SUBARUの特約店であった、宮城
スバルは、スバル1000バンを四輪駆動車に
改造する試作モデルを約10ヶ月で完成した。


後輪駆動系には、日産ブルーバードの駆動
系を利用し、リヤ・サスペンションはセダン
用のセミトレーリングアームを流用した。


宮城スバルは実用走行テストを経て、
この車両を富士重工業に持ち込み、生産化を
提案した。


富士重工業の技術陣はこれを直ちに受け
入れて設計・生産にとりかかり、1971年の
東京モーターショーでスバル1300Gバン4WDの
第一次試作車を展示している。


この後、スバル1300Gバンは7台が増加試作され、
東北電力のほか、長野県の飯山農協、白馬村役場、
防衛庁(現防衛省)に販売された。



開発を依頼した東北電力では、それまでは電力設
備の保守・点検の際にジープタイプの幌付き四輪
駆動車を使っていた。積雪時期など、風が入り、
暖房も効かず、重くて燃費も良くないジープでの
作業は、作業者への負担も大きかった。


そこで、軽量で燃費がよく、風雨から乗員を守る
キャビンを備えた乗用車的な四輪駆動車ができな
いかと考えて宮城スバルに提案したのである。


そして、市販されたのが「レオーネ4WD」である。




藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

カテゴリー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ