稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

1986年 日本カーオブザイヤーは日産パルサー&ラングレー

ニュース

  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

1986年「日本カーオブザイヤー」は日産「パルサー&ラングレー」

1986年、第7回日本カーオブザイヤーに輝いたのは
日産、パルサー・ラングレー・リベルタビラの兄弟車
でした。

私も、一代前のラングレーに乗っていました。

1986年5月 N13型にモデルチェンジ。4ドアセダン、3ドア/5ドアハッチバックの3タイプのボディをラインナップ。クーペは新車種「エクサ」として独立したため(型式上はKEN13となっており、後記の日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞にも含まれていた)パルサーのバリエーションとしては廃止。エンジンはE13S、E15S、E15E、CD17に加えてCA16DEを搭載。フルライン化されつつあったターボエンジンを廃止する。また、量産車世界初となるビスカスカップリング式4WD「フルオート・フルタイム4WD」搭載車をラインナップ。上級グレードのスピーカーには世界ブランドのJBL製をオプション設定し、運転席ドア開口後部に専用の傘が収納できる“アンブレラポケット”を3ドアに設定。姉妹車のラングレー、リベルタビラ、エクサと共に日産初の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。ギリシアを除く欧州市場ではこの代から「日産サニー」、マレーシアを除くアジア向けとオーストラリア市場では「日産パルサー」マレーシア、ニュージーランドでは「日産セントラ」として販売された。なおオーストラリア現地生産車は、フロントマスクが姉妹車であるラングレーのもので、GMファミリーIIエンジンが搭載され、日本国内仕様にはなかった1.8Lも存在した。また香港向けについてはフロントグリルおよび速度メーターなども日本国内と同一であった。
1987年1月 トリプルビスカス・フルオート・フルタイム4WD搭載車を発売。後のアテーサへの橋渡し的モデル。
1987年2月 1300 3ドアハッチバックにM1仕様追加。
1988年4月 マイナーチェンジで1.5LのエンジンがGA15S、GA15Eという通称「スーパーインテークエンジン」(4気筒SOHC12バルブ)へ変更された。同時に新グレードM1'NとR1ツインカムを設定、ミラノ系のフルカラースポーツ仕様にダークグリーン色を設定。トリプルビスカス・フルオート・フルタイム4WD搭載車がカタログモデルになる。
R1ツインカムとはラリー競技参加を主眼としたグレードで、4点式ロールバーやクロスレシオミッションが搭載されている一方、パワーウインドーやカラードドアミラーなどの快適装備が省かれ、外装は最廉価グレードV1と同等である。富士スピードウェイ等でSp(スポーツプロダクション)クラスやフレッシュマンレース参戦車両としても使用された(X1ツインカム)。

出典 http://

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法