今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

1988 日本カーオブザイヤーは「日産シルビア s13」!

ニュース

1988 日本カーオブザイヤーは「日産シルビア s13」!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

1988年日本カーオブザイヤーは日産「シルビア」

日本カーオブザイヤーに輝いた
「日産シルビア」(5代目)は
1988年5月、発売。


歴代シルビアの中で最も
販売台数が多く、
当時大人気だったホンダ・プレリュードの
牙城を崩し、若者を中心に約30万台が
販売された。


当時としては未来的なデザインで、
TVCMや雑誌のコピーでも
「アートフォース・シルビア
(ART FORCE SILVIA)」と
表現され、グッドデザイン大賞を
受賞しました。


そのシルエットから女性人気を
集めただけでなく、
希少な存在となっていた
FRのスポーティークーペであることから
走行性を重視する男性からの支持もあった。


足回りには新開発の
リアマルチリンクサスペンションが
採用された。


日産はこのモデルをデートカーとして
位置づけて、FRレイアウトの採用に
関しても、低いボンネットの
デザインを実現するに適した
FF用コンポーネントを
日産が持ち合わせていなかったと
いうことが最大の理由であったようです。


当時すでに少なくなっていた
ミドルクラスの後輪駆動車で、
スポーツ走行にも適した設計で
あったので、アフターマーケットに
おいてスポーツ走行用の様々な
改造パーツが開発されて、
日産の想定外の事態として、
サーキットや峠などで走るための
車として人気となっていました。


これは5代目(S13)だけに
限った話ではなく、その後の
モデルである6代目(S14)や
7代目(S15)でも、



搭載エンジンは、
デビュー当初は1,800cc、
自然吸気エンジンのCA18DE型(135PS)と
ターボのCA18DET型(175PS)であった。


1991年のマイナーチェンジ後は
2,000ccのSR20DE型(140PS)と
SR20DET型(205PS)に変更されました。


キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ